妊婦さんにおすすめのマッサージ

Posted on

私が通っていた産婦人科には、アロマエステサロンが併設されていました。
妊娠すると、お腹とともに胸も大きくなり肩が凝るようになります。

また足や顔が浮腫みやすくなりました。 6ヶ月に入った頃にそのエステサロンに行ってみました。
症状を話し、薦められたのがフェイシャルデコルテと リフレクソロジーでした。

その2つを受けて、体がとても軽くなり、 心もすごくリフレッシュされました。
その時に妊娠線が残らないように今のうちから、 自分でお腹のマッサージをしてケアをしておくといいと、
アドバイスされ早速帰りに病院内の店で マッサージ用のクリームを購入しました。

マッサージと言ってもサロンの人が教えてくれたのは、
とても簡単なもので、クリームを優しくなでるように 塗りこむだけです。

簡単でしたが、毎日の成果があって、 出産後、妊娠線は残りませんでした。
出産するまでは、検診にあわせてフェイシャルか、 リフレの予約をいつもいれて、マッサージを受けていました。

産婦人科併設と言うのもとても安心感があり、 サロンのスタッフの中にも妊婦さんがいて、 親近感がありました。
妊婦さんにマッサージしてくれるいいサロンを見つけておくと、妊婦ライフを楽しむ事が出来ると思います。

また、妊娠線予防のマッサージも簡単なのでおすすめです。


子供の脱毛について

Posted on

最近では小学生位のお子さんも毛深い事に悩んだり、また勝手に自分でカミソリを使いムダ毛の処理をして肌を傷つけたりしてしまうケースが多くあるようです。そんな現状を反映してか、子供対象に脱毛を行っているエステの広告も目にする様になってきました。
私は個人的には子供の脱毛には反対です。子供の肌はとても敏感なので、無理に脱毛をして肌にトラブルが起きたり、後遺症が残ったりと将来後悔する様な事になると残念だからです。
しかし、毛深い事にコンプレックスを持って学校のプールの授業を拒否したり、友だちに毛深い事をからかわれて不登校等になったりするのも問題です。
この様な事を避ける為に、お子様の精神的なケアとして脱毛が必要ならば、良く考えて安全性が高い脱毛方法を行ってあげて下さい。親がムダ毛の処理を頭から反対して、子供がこっそり自分で処理するのは危険ですので、よく親子でムダ毛処理について話し合いましょう。
私がお子さんの脱毛の為に注目しているのは、豆乳ローションという収毛ローションです。このローションを使用していると、毛が薄くなり目立たなくなる効果があるそうです。脱毛や除毛の様にすぐに効果が表れるものではないので、根気よく使用する事が必要だそうです。この豆乳ローションは肌にも優しいとの事ですので安心してお子様の為に使えるのではないでしょうか。
もし自宅以外での脱毛を考えているのならば、エステよりもやはり医療機関に相談した方が懸命だと思われます。ただ永久脱毛をしたとしても、大人になるまで次々と新しい毛が生えてくる時期なので、すぐにツルツルのお肌になる事はありません。いずれにしてもお子さんの脱毛については、大人以上に慎重に行って下さい。