生命保険の見直しの勧め その理由はこんなところにある

Posted on

CX_FE001

自分に合った生命保険を見つけよう

生命保険の見直しはお勧めです。

しかし、気をつけなくてはならないのは、今入っている生命保険会社ではなく、全く利害関係がない生命保険のプロに診断を依頼しましょう。
生命保険に入ると、定期的に見直しの提案をしてきます。

例えば、更新型生命保険の場合、途中で保険料が大きくなりますし、ライフスタイルに合わせて、保険金額の見直しなどを説明してくれます。
今入っている生命保険を下取りして、新しいあなたに合う生命保険がありますと。
これはコンバージョンと言い、解約金を下取りして、新しい生命保険になります。

それも見直しとしては良いのですが、ここで言いたいのは、他の生命保険をみてみましょうというものです。
最近、生命保険は進化していて、各社特色ある生命保険を打ち出しています。

保険料や保険金ばかりではなく、他の特約などを見ても、自分に本当に必要なものを取り揃えることができたり、最低限のものだけでコンパクトな生命保険もあります。
そして、インターネットでの生命保険は、保険料がとも安く、内容充実しているものもあり、保険の種類は様々です。

広い視野を持って保険を選ぶ

見直しという点から言って、既存の生命保険会社のものだけではなく、大きく視野を広げ、様々な保険という商品を選択する上で、専門家のアドバイスは重要です。
インターネットなどでも診断でき、無料で受けることもできますから、ご自分の生命保険を確認する上でも、どんな保険でどんな時に有利に働くかを知っておき、必要とあれば他の生命保険に入る事も考えてみたらいかがでしょう?


フラッシュ脱毛器

Posted on

最近は自宅で脱毛が手軽に出来る脱毛器が色々と販売されていますね。その中のひとつに『フラッシュ脱毛器』という製品があります。これは処理したいムダ毛の部分にフラッシュの光をあてて、根毛にダメージを与えて脱毛するという方法です。レーザー脱毛よりも痛みも少なく、一回に処理出来る部分が広いので、ムダ毛処理の時間が短縮できるのが長所と言われています。またこのフラッシュの光は、お肌の毛穴のひきしめる効果や美白効果があると言われています。自宅で脱毛と一緒に肌のケアもできるというのは一石二鳥でありがたい事ですよね。
このフラッシュの光はメラニン色素の黒い色に反応するので、うぶ毛や色の薄い毛に対してはその効果が減るそうです。また使用開始間もない人は毛のメラニン色素が濃く、針で刺した様な痛みを感じる時もあるそうです。しかし数回使用していると痛みも軽減してくるそうです。
自宅でフラッシュ脱毛器を使っての脱毛は医療機関での永久脱毛とは違うので、脱毛処理後また暫くすると毛が生えてきます。繰り返しの使用でだんだんと毛が薄くなったり、生えなくなったりする人も中にはいるそうですが、その様な効果が見られない人ももちろんいます。雑誌やネットの広告でいかにも永久脱毛が出来る様に宣伝している業者がありますが、くれぐれもだまされない様に気をつけて下さい。もし確実に永久脱毛を考えているのならば医療脱毛をする方が良いでしょう。
さて使用上の注意ですが、肌に異常があるときや日焼け後などには使用しない様にして下さい。また色黒の人も使用を控える様にとの注意書きがあります。


レーザー脱毛器

Posted on

ここ10年で家庭用のレーザー脱毛器が次々に発売されて、エステへ行かなくても
自宅でレーザー脱毛ができる様になりました。値段も以前は10万円以上していましたが、最近では5万円程度で手に入る物も出て来ています。
必要な時や思いついた時にいつでも自宅で脱毛が出来るのは便利ですよね。
しかし医療機関で使用されている機器よりもレーザーのパワーが抑えられているので、永久脱毛というわけにはいかない様です。
レーザー脱毛の仕組みはメラニン色素が集まっている根毛にレーザーをあて、その熱により根毛がダメージを受け毛が抜けるというものです。ですからレーザーで根毛が焼かれた時に痛みを感じる事があります。毛が抜け始めるのは処置をしてから数日たってからです。
自宅で器械を購入して脱毛をするか、エステで施術してもらうか悩む方も多いと思います。最近ではエステでも比較的安い値段でレーザー脱毛が出来る所があるので、場合によってはそちらの方が経済的な事もあります。購入したレーザー式脱毛器に効果があり、すぐに壊れなければ良いのですが、そうではない場合には数万円かけても、結局エステや医療機関で脱毛となる場合があります。
家庭用の脱毛器としては最近ではフラッシュ法脱毛器の方に人気が集まってきている様です。確かに照射面積が広いので、短時間で処理が終わるのは便利ですね。ただその光のパワーがレーザー式のものより弱いので、脱毛効果はレーザー脱毛器の方が大きいと言われています。
どちらにしてもレーザーで脱毛後には入浴や日焼け、もしくは運動を控えて、肌が細菌に感染したりしない様にケアする事が大切です。


熱線式脱毛器

Posted on

現在自宅で器具を使っての脱毛法の主流は,フラッシュ方式やレーザー方式になっていますが、他にも電熱脱毛器による脱毛もあります。
これは電気で熱したワイヤーを脱毛したい部分の毛にあてて焼き切るという方法です。肌に直接カミソリの歯があたる事なくムダ毛を処理する事ができるので、肌を痛める可能性が少ないと言われています。そしてフラッシュ式やレーザー式に比べると痛みが少ないのも長所でしょう。カミソリで剃った毛は断面に角があり、伸びて来るとチクチクしますが、熱線で焼き切った毛の表面は丸くなっているので、この様なチクチク感はありません。
しかしこの脱毛法はレーザーやフラッシュ式の脱毛器とは違い、根毛が熱線でダメージを受ける事はありません。肌の表面に表れている毛だけに熱が作用して毛が落ちるという脱毛方法になります。もちろん永久脱毛ではなく、再び毛が伸びて目立ってくる迄の時間が短くなります。また毛が伸びている時にしか使用できないと言うデメリットもあります。
しかしレーザー式やフラッシュ式の器械に比べると値段が安価で、使用法も比較的簡単なので、手軽なムダ毛の処理法として熱線器を使用している人もまだいる様です。
平坦な部分には熱をあてるのは簡単ですが、凹凸のある所の脱毛については処理しにくくなります。またやけどの様な症状を起こした人がいるとも聞いているので注意して行って下さい。
もちろん他の脱毛方法と同じく処置後のお肌のケアも忘れずにしましょう。


ローラー式脱毛器

Posted on

レーザー脱毛器や脱毛ワックスによる家庭での脱毛法と並んで、ムダ毛をローラー式脱毛器で処理する方法があります。これは肌にローラーを当ててクルクル回し、ムダ毛をからませて抜くと言う方法です。
毛が引っ張られる時に痛みがありますので、痛いのが苦手な人にはお勧めできませんが。痛みを少なくする為に事前にお肌を冷やしたり、入浴して毛穴を広げて肌を柔らかくしたりするのも効果的だと聞いた事があります。またローラーで毛を引っ張る時には、お肌にも毛穴にも負担がかかります。脱毛後に毛穴から血がでたり、皮膚が腫れたりする事もあります。しかし何回も処置しているうちに毛が抜け易くなり、痛みや肌への負担が少なくなるとも言われています。
このローラー式器具は他の家庭用の脱毛器に比べるとかなり安価ですので、脱毛の為に余りお金をかけたくない人にとっては手軽に出来る脱毛法でしょう。また同じ様に毛を根毛から抜いて脱毛する脱毛ワックスやテープと脱毛効果を比べてみると、このローラー式脱毛器を使用して脱毛した方が、簡単で確実に脱毛出来ると言われています。旅行等にも持って行けて、場所を選ばずにどこでも使えるのも便利ですね。
ただ脱毛する時に毛が短かいとローラーに絡まずに、脱毛が難しくなります。また細すぎる毛も途中で切れてしまい、根毛からの脱毛が出来なくなる時があります。ローラー式脱毛法は手軽に脱毛出来るので脱毛後のケアを忘れがちだと思いますが、他の脱毛法と同じくお肌のケアを忘れずに行って下さい。