脱色、クリーム脱毛

Posted on

ムダ毛の処理方法には色々とありますが、私が高校生の頃にしていたのが脱色と言う方法でした。どうして脱色を選んだのかと言うと、カミソリで毛を剃ると、その後に毛が伸びて来た時にチクチクするのが嫌だったからです。また脱色するとムダ毛が金色になるので、結構これが気に入っていました。
さて脱色剤には過酸化水素という成分が含まれています。これは消毒剤のオキシドールにも含まれている成分です。だからオキシドールで脱色する方法もあると聞き試してみた事がありますが、私の場合には殆ど毛の色は抜けませんでした。
この過酸化水素は肌には刺激が強いので、脱色剤を塗った時に肌がピリピリとするのを感じた事がある人は少なくないのではないでしょうか。ですから脱色後にはきれいに脱色剤を洗い流して、クリーム等を塗って肌を保護する必要があります。
また脱色すると毛が長く伸びてしまうと言われていますね。私の個人の経験としてはその通りだった様に思います。毛が伸びて来ると金と黒の二色カラーになるので、それが気になる人は頻繁に脱色する必要があります。
脱色の他にムダ毛の処理方法としては、除毛クリームで毛を取り除くという方法もあります。これはクリームを塗って毛を溶かす方法です。そして脱毛ではなく除毛なので根毛が残っていて、毛が伸びて目立つ様になる迄の時間が短くなります。しかし他の方法に比べると肌への負担が比較的軽いと言われています。カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりすると肌が黒ずみますが、この除毛という方法ではその様な問題は少なくなります。